音楽ジャンル紹介 : TRAP

音楽ジャンル紹介 : TRAP

音楽ジャンル紹介 : TRAP

TRAPの歴史

TRAPは1990年代のアメリカ・南部で誕生した音楽ジャンルです。アトランタを中心に、麻薬の密売を指す「トラップ・ハウス」という言葉からその名がつけられました。TRAPミュージックの特徴は、808ドラムマシンの重低音、シンセサイザーのメロディ、そして速いハイハットのリズムにあります。このジャンルは、ギャングスタラップからの影響を受けつつ、独自のスタイルを確立しました。2000年代に入り、T.I.、Gucci Mane、Young JeezyといったアーティストがTRAPを主流に押し上げました。特にT.I.のアルバム「Trap Muzik」は、ジャンルの名前を広く知らしめるきっかけとなりました。その後、TRAPはメインストリームのヒップホップやポップミュージックにも浸透し、MigosやFuture、Travis ScottなどがTRAPを世界的に有名にしました。

代表ヒット楽曲

1. T.I. - "24's"


T.I.の2003年のヒット曲「24's」は、トラップミュージックの初期を代表する楽曲です。この曲はT.I.のセカンドアルバム「Trap Muzik」に収録されており、トラップミュージックの名を広める一因となりました。T.I.の力強いリリックと特徴的な808ドラムのビートが、トラップの基本スタイルを形成しました。

2. Future - "Mask Off"


Futureの2017年のヒット曲「Mask Off」は、トラップの進化形を示しています。この曲は彼のアルバム「Future」に収録され、メロディックなフルートのリフと重低音のビートが特徴です。「Mask Off」は、チャートでの成功とともに、トラップミュージックの人気をさらに押し上げました。


BeatspaceでのTrapの楽曲紹介

Beatspaceで販売されているTrapの楽曲を一部、ご紹介します。

illrain - Push Up

 

DLEN - Can’t Take It

Back to blog